読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことりのついばみ

田舎のJK(元不登校)が日々の呟きや好きなアニメ、小説の事など色々書きます!毎日更新を心掛けてます。

我慢我慢……😖

こんにちは( *´︶`*)
登校時間からも分かると思いますが今日は体調不良の為学校をお休みしております。久しぶりに風邪を引きました笑
熱は無いのですが、頭痛と喉の痛みがピークでかなり辛いです(´・ω・`)今日と土日の3日で頑張って治さないと……

祖母にブチ切れてしまった話

物騒なタイトルでごめんなさい🙏
上記の通り、昨日祖母にブチ切れてしまいました。

そうなった経緯はこんな感じです。
夕飯頃体調がかなり悪くなっていた私に母が
『明日学校休んだ方がいいんじゃない?』と
言いました。
祖母はその時点で私が風邪を引いている事を知らなかったようで『え、なんで休むん?』と私に聞いてきた為『風邪引いてしまったんさ〜』と答えました。
祖母は風邪は引いた奴が悪いという独特の考えの人で、私が風邪を引く度に『こたつで寝てたのが悪い』『冷える服装をしてたのが悪い』とグチグチ言ってくるので私は『また何か言われるかなぁ』と身構えていました。
しかし、帰ってきたのは全く予想していなかった言葉でした。

『また学校休むの!?仮病なんて絶対認めやんからな!学校へ行きなさい!!』

祖母は私にそう言いました。

それが、不登校からなんとか立ち直った人に言うセリフですか?祖母とか孫とか関係なしにまずそう思いました。私は学校を休むのに仮病は使っていません。学校へ行こうとすると酷い頭痛や眩暈が起こりました。家では割と元気だったので祖母には仮病に見えたかも知れませんけど、今まで本当に苦しかったのにこの人には何も分かって貰えていなかったんだなって思いました。私は悲しくて、苦しくて、

『何で、仮病って思うの!?本当に苦しい時に信じてもらえないって事がどれだけ苦しいか分かる?そういう所、本当に信じられやんし大嫌い!』

と叫んでしまいました。

言った後でそこまで言わなくても良かったなと、後悔しましたがあの時はどうしようもなかったので自分を責めるのは止めときます。

私が小さい頃、母が働いている時に私の面倒を見てくれたのは祖母です。料理やガーデニングなど沢山の事を知っていて何でも教えてくれる優しいおばあちゃんでした。祖母も歳を取って段々性格も変わってくると思うし、優しくしてあげるべきなのは分かってます。でもやっぱり祖母は中学生までの優等生な私が好きで今の落ちこぼれの私の事は興味無いのかな。とか考えてしまいます。親戚に私の前の高校の事をいつも自慢していたので申しわけないです。
転校した事に全く後悔はありませんが、祖母の事が気がかりです。
今度こんな事があったらもう少し優しく言える様にしないとなぁ(´・_・`)

また愚痴ってしまってすみません!
今日はこれで終わります。
ありがとうございました😘💕

PS.今日でPV数500突破しました!あっという間です(*´▽`*)皆様、ありがとうございます✨