読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ことりのついばみ

超進学校で不登校となり底辺高校へ転学した田舎のJK(笑)が日々の呟きや好きな音楽、小説、料理etc……について語ります!

止まり木

こんにちは!
今日は昨日の記事に登場した友達のお話をしたいと思います。

もう1羽の鳥

私が初めてその子に会ったのは新しい学校への登校初日でした。お互いに自己紹介をしたら、なんと同じ名前だったのです(*º ロ º *)!!
その子は私とは正反対の活発なタイプなのですが、
すぐに意気投合しました。

同じ名前という事で、その子はこのブログで
カナリア」と呼びたいと思います!
カナリアの様にお喋りさんなんです(´∇`)
略してかなさん!

かなさんは隣のクラスなのですが、休み時間はいつもうちのクラスに来て、私やこんさいと喋っていました。

担任から告げられた話

それから数日経って、担任と2人で話す事がありました。そこで、私は思いもよらない事を言われました。
『かなさんと余り深く付き合わない方がいい』
『僕はあの子と付き合って君に悪い影響が及ぶのを心配してるんだ』

担任は前の記事にも書いた通り、とってもいい人で
その言葉も本当に私を心配して出たものだと思います。でも、私はかなさんがそんなふうに言われる理由が分かりませんでした。

詳しく聞くと、かなさんは1年生の時にトラブルでクラスから孤立していた様です。担任の先生は私がその件の相談に乗ることで私が苦しむのを心配していました。

でも、私が知っているのは今の『かなさん』だけです。私は色々考えて、詳しくその事について詮索しない事に決めました。女同士のいざこざは複雑ですからね!こわーい!!

かなさんと私

1度、私と話している時にかなさんの携帯に電話が掛かってきて、休み時間話せなかった事がありました。私は特にそれを気にしていなかったのですが、
次の休み時間にLINEを見ると『さっきは話せなくてごめんね』とメッセージがはいっていました。

私、前の学校生活で人の本質が少し見える事があって「この人、いつも優しいけどあの時は凄く冷たかったな。あれが本当のあの人なのかな。」とか
「あの先生、いつも厳しいけどあの時はすごく優しかったな。本当は優しい人なのかな。」とか
感じる機会が多くあったんですよ。

話戻しますね😅
そのメッセージを受け取った時、かなさんはすっっごく繊細で優しい子だなって思って。
過去の事は分からないけど、転校生の立場を生かしてかなさんの心の拠り所(鳥なら止まり木かな?笑)
になれたらいいなって。そう思いました( *´︶`*)

意外と長文になってしまいました。
ここまで読んでくれた皆様、ありがとうございました✨😊